風邪を引いたら食べないで!!

   

ナチュロパシーコース

秋期開講日:2017年10月28日(土)

開校10年を記念して入学金が免除!

ナチュロパシーコースは、子どもや家族の健康を一生に渡って守っていかれる

「ナチュロパス(自然療法家)」になることを目的としています。

さらには、プロフェッショナルとして、同じ想いを持つママたちのチカラになりたい、そんな想いを実現するために、幅広い知識と高い技術を習得することを目的としています。

今すぐ詳細を見る

*******************************

 

昔は、風邪を引くと、「食べて治しなさい」とか「食べないと早く治らないよ」などと言われた

ものです。。。

 

覚えがありませんか?

 

もしかしたら、まだ「食べないと早く治らない」と思っていますか?

 

こんばんは、東京スクールオブホメオパシー代表の黒澤今日子です。

 

東京新宿区神楽坂で「本気でホメオパスになりたい人」のための学校を運営しています。

 

神楽坂の明るい街にあるアットフォームな学校です。

 

風邪を引いたら食べないに限る

 

昔は、風邪を引くと、「食べて治しなさい」とか「食べないと早く治らないよ」などと言われた

ものです。

 

私もよく言われました(笑)

 

実は反対で、風邪をひいたときには自然治癒力を十分に発揮させるために、エネルギーを消費

しないように、温かくして胃腸を休める方が良いのです。

 

食物の消化吸収にはとてもエネルギーが要るため、食べるとそちらにエネルギーが取られてし

まいます。

 

動物などは、具合が悪くなると何も食べずに動きませんよね?

 

水分補給は必要ですが、無理に食べる必要はありませんし、食べるのであれば消化の良い、体を

温めるものを少量で良いのです。

 

特に今の時代は、昔と違って栄養状態は行き届いています。数日風邪を引いたからといって心配

する必要もないのですね!?

 

食べない工夫

 

「毎食後1日3回の服用で胃が元気に働くようになり、もたれ、ムカツキ、胃重、胃痛といった

不快な症状に、すぐに効果をあらわします」と胃腸薬の「効能書き」は続きます。

 

でも、もたれ、ムカツキ、胃重、胃痛の原因は食べ過ぎ、飲み過ぎなのでは。。。?

 

あるヨガの指導者は、「食べる工夫ではなく、食べない工夫をしろ」と、健康法の真髄を語った

そうです。

 

腹7分で育てたサル群を15年間観察すると、死亡率は腹一杯のサル群の二分の一だったとか。

 

腹六分で育ったネズミ群は、腹いっぱいのネズミ群より二倍以上生きたとか。

 

「少食」「断食」で、整体の治癒力、排泄力は桁外れに増強されるといいます。

 

食べなければ免疫力がめざましく上がるといいます。

 

私の両親たちの世代は、戦争を経験し、食べ物のない時代を過ごしているためか、生まれてきた

孫に、「いっぱい食べろ」「しっかり食べろ」と言っていましたっけ。。。

 

でも、今は逆に飽食の時代、食べるものを捨てているくらいです。

 

昔は食べ物がなくて病気になりましたが、今は食べ過ぎで病気になるという皮肉な現象が起きて

います。

 

そんな現代人に本当に必要なのは、「胃腸薬」でなく、「食べない工夫」なのでは?

 

薬を出さないお医者さん

 

病院に来られる患者さんに、お薬を出さないお医者さんがいます。

 

風邪をひいた患者さんにも、お腹を壊した患者さんにも、お薬は必要がない、自然に治ると判断

をしてお薬を出さない先生のことです。

 

お薬を大量に出す先生もいれば、こういう先生もいます。

 

こういう先生は、もちろん患者さんの話をよく聞き、自分の判断に自信があり、お薬のことも

よくわかっていて、患者さんのことを一番に考えてくれるお医者さんだと思います。

 

患者さんの中には、薬を出さないことを理解できずに、「薬を出してくれない」先生と言う人も

いるかもしれませんが、

 

逆に、患者さんのことを本当に考えてくれるお医者さんだと思います。

 

習慣や甘い言葉に気をつけようね!

 

テレビから優しい声で「風邪をひいたら早めに⚪︎⚪︎」と聞くと、少々の鼻水でも、咳でも、

喉の痛みでも習慣的にお薬を取ってしまう。。。

 

風邪を治す薬はありません。

 

風邪のほとんどはウイルス感染ですが、風邪を退治する薬はありません。

 

風邪薬に入っているのは、症状を抑える薬で、治すのではないのです。

 

それでも、少しは良くなるのではないかと期待して飲むと、逆に治りを遅くしてしまうし、

免疫力を落としてしまいます。

 

咳や鼻水は、身体がウイルスを排除しようとして起こる免疫反応です。

 

それを抑えてしまったら、ウイルスを外に排除できず、免疫力も低下して、結局は長引くことに

なってしまうのです。

 

甘い言葉に誘われずに、忙しいから、面倒だからとお薬に頼りすぎないようにしましょうね!

 

東京スクールオブホメオパシー代表

(株)スタンダードホメオパシー代表取締役 黒澤今日子

東京都新宿区天神町64神楽坂アトリエ64 2F(地下鉄東西線神楽坂駅矢来町出口より徒歩4分)

℡ 03-5227-8305

東京スクールオブホメオパシー

薬や病院に頼らない健康法

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

 - ホメオパシーセルフケア, 食べること、飲むこと