今年の花粉は多い?[今から始める花粉症対策]

      2017/08/11

ナチュロパシーコース

秋期開講日:2017年10月28日(土)

ナチュロパシーコースは、子どもや家族の健康を一生に渡って守っていかれる

「ナチュロパス(自然療法家)」になることを目的としています。

さらには、プロフェッショナルとして、同じ想いを持つママたちのチカラになりたい、そんな想いを実現するために、幅広い知識と高い技術を習得することを目的としています。

今すぐ詳細を見る

*******************************

 
 

「クシュン、クシュン」とカゼでも引いたかな。。。と思いきや、

 

もしかしたらもう始まっているのかもしれないあなたの花粉症(汗)

 

我が家の夫の場合、始まってきたようですよ、いつものが!?

 

こんばんは、東京スクールオブホメオパシー代表の黒澤今日子です。

 

東京新宿区神楽坂でホメオパシーの学校を運営しています。

 

神楽坂の明るい街にあるアットフォームな学校です!

 

今年の花粉は昨年の4倍?「え〜(汗)」

 

 

昨年の秋に発表された花粉の飛散傾向では、どうやら今春は平年の

1.2倍、昨年の4倍になるとか!?(汗汗汗)

 

「そんな〜〜!」

 

全国的に花粉飛散量が少なかった昨年と比べると、一気に増加して、

 

夏の猛暑の影響もあって、西日本を中心に4〜10倍となるエリアも

あるらしいのです!

 

特に西日本では広範囲で3年振り、特に京阪神などでは4年ぶりの

大量飛散になる恐れがあるとか。。。

 

それに比べ、関東では平年の0.5〜0.9倍と平年より少なくなる予想

らしいのですが、

 

ここ数年花粉症の症状が軽かった人も、もう今から十分な対策が必要

ですね!

 

花粉の飛散は多い年と少ない年が交互にやってくることが多いとかも

言われますが、

 

花粉の飛散量が少ない“裏年”の翌年は、飛散量が増加する“表年”とな

る傾向があるそうです。

 
そして2017年、今春は多くのエリアが表年となるのだとか!(汗)

 

こんな生活は嫌ですよね〜!?

 

 

春は1年で一番美しい季節、

 

桜も見に行きたいし、寒い冬から解放されて郊外にも行きたいのに、

こんなことを言われたらどうしますか?

 

◯ できれば、屋外の活動を控えましょう!

 

雨上がりのお天気の良い時には、花粉の量が多い時です、なるべく

外出はせずに、家の中で過ごしましょう。。。とか言われたらどう

ですか?

◯ 外出時は,マスクとメガネ(ゴーグル)をお忘れなく!

 

日本人はホントにマスクが好きな国民だと思いますが、花粉症用の

マスクは上の方に針金が入っていたり、なんだかガスマスクのよう

だったりとすごいですよね!?(汗)

 

コンタクトレンズの人はメガネにしましょう!

 

特に花粉用ガードのついた、なんだかゴーグルのようなメガネを

ススメられます。。。

 

春はオシャレをしたい季節なのに、こんなマスクやゴーグルは使い

たいですか?

 

◯ 洗濯もの,布団は外に干さないで下さい!

 

洗濯物を外に干せないなんて、どこの国の話でしょうか。。。?

 

お布団は外に干して、太陽を浴びてお日様の匂いがするふっくらした

そんなお布団に寝たいですよね!?

 

◯ 内服薬は症状に関わらず,毎日内服しましょう!

 

炎症を抑える効き目の強いステロイド剤や、アレルギー症状を抑える

抗アレルギー剤など、花粉症の薬はいろいろあります。

 

よほど症状がひどい時には、一時的に緊急避難としてお薬の力を

借りることも致し方ないかもしれませんが、

 

基本的にお薬には治す力はありません、症状が出なくなるように

抑えるだけなのです。

 

そして、症状は抑えられたままではいられないので、もっと強い症状

となったり、別の形で症状として現れたりします。

 

お薬には、アレルギーを治す作用も、免疫力を高める作用もありませ

んし、もちろん副作用もあることを忘れてはいけませんよね!?

 

最近のお薬は、「眠くならない」が売りになっているので、お薬に

対するハードルが下がっていますが、

 

お薬を摂ることには慎重になるべきだと思います。

 

花粉症がひどかった頃の私

 

 

私の花粉症は、27年くらい前から始まりました。

 

忘れもしません、明け方まだ布団の中にいる時から、猛烈な鼻水が

出始めました。

 

「なんだ、これは〜?」というくらいにティッシュの箱がすぐに空

になるくらいの鼻水の量でした。

 

それ以来毎年憂鬱な春を迎えるようになってしまいました。

 

もちろん当時の私は薬を飲んでいました。

 

ホメオパシーを知らない頃の話です。

 

薬はすぐに効きましたが、すぐに効き目が薄くなり、効かないので

量が増えて行きました。(汗)

 

さすがに心配になりました。。。

 

薬で何とかごまかしながら過ごすうちに、ホメオパシーを学びに

イギリスへ行くことになりましたが、

 

驚くようにイギリスへ行くと花粉症の症状はピタッとなくなった

のです。

 

イギリスで暮らす3年の間には、一時帰国で日本に戻ることもあり

ましたが、戻るとすぐに花粉症の症状も戻りました。(汗)

 

笑ってしまうくらいにすぐに出るのです。

 

今から考えると、その当時の私は3人の娘の子育てと、家事、仕事、

帰りの遅い夫を待つ暮らしで、

 

睡眠時間は少なく、疲労が重なり、免疫も下がっていたことと思い

ます。

 

ところが、イギリスでの生活は、好きな勉強とのんびりした田舎で

の暮らし、

 

もちろん自然環境や生活環境の違いもあるでしょうが、イギリスで

の暮らしは心身ともにゆったりとしていました。

 

こんなこともきっと関係していたのだと思います。

 

ところが、日本に戻り仕事を始めるやいなや、花粉症が舞い戻り

それまで以上のひどい状態となってしまいました。

 

初めてのホメオパシーの仕事、講師や患者さんや様々な雑事。。。

 

睡眠時間は少なく、いつも緊張し、疲労は重なり、

 

講師で生徒さんの前に立つと時にも、患者さんのご相談をお受けする

時でも、声も出ない、くしゃみ連発、鼻水ダラダラ。。

 

まるでどちらが患者さんかわからない始末。。。(笑)

 

それでも、今度はホメオパスであるという自負心から、

 

「薬には頼らない〜!」と決心し、

 

まずは生活を見直すことから始めました。

 

花粉症はアレルギー疾患です、アレルギー疾患は、免疫システムが

本来は人体に無害なものに対して攻撃を仕掛け、炎症を引き起こす

病気です。

 

それならば、やることはひとつ!

 

免疫力を強化して正常に働けるように生活を整えることだ〜!

 

まずは睡眠時間を確保することから始めました。

 

しっかり眠ることが免疫力を上げることに直結します。そのために

1日の予定を最初に睡眠時間を確保するとことから始めました。

 

そして、花粉症の症状を和らげるためにホメオパシーのレメディを

使ったのです。

 

花粉症にホメオパシーレメディ

 

 

ホメオパシーのレメディには、お薬のように症状を抑える働きはあり

ません。

 

レメディによって乱れた心身のバランスを整えることで、症状を押し

出していきます。

 

また、レメディは自然のもので出来ているので、穏やかで安心で、

 

そのために赤ちゃんから妊婦さん、高齢の方まで誰にでも使えるの

です。

 

今では、PM2.5や黄砂と花粉症の複合要因があるとも言われてい

ますが、

 

大事なのは、しっかりした免疫力があるかなのです!

 

また、マスクやゴーグルで保護しても、一日中つけているわけにも

いかず、

 

行きたいところも、やりたいことも制限されてしまい、

 

お薬に頼ると、今度は逆に免疫力を下げてしまうことになるのです。

 

お薬は人間にとっては、科学合成された異物ですから、それを消化

するためにとてもたくさんのエネルギーを使わなくてはならず、

結果的に免疫力を下げてしまうことになるのです。

 

健康になるために飲むお薬で免疫力を下げてしまうなんて、何だか

おかしいと思いますよね!?

 

それでもやはりお薬を飲み続けますか?

 

花粉症とホメオパシーレメディ

 

 

ホメオパシーはよくわからないし、どうなんだろう?

 

と思っている人には、まずホメオパシーがどういうものなのかを

知ってもらうことが最初です。

 

そのあとは体験してもらうことです。

 

特に花粉症には、その効果がわかりやすいので、体験していただける

良いチャンスになると思います。

 

フランスの医師はよく子供にホメオパシーを使います。

 

それは、ホメオパシーが穏やかで効果があり、子供に安心だから!

 

最近では子供の花粉症も増えて来ています。

 

お子さんにこそお薬を飲ませることは抵抗がありますよね!?

 

花粉症のレメディにはこんなものがあります。

 

*数種類の花粉から作られているレメディ

 

よくホメオパシーについては「似たものが似たものを治す」という

言葉で説明がされます。

 

鼻水や目のかゆみなどの花粉症の症状が出た時に、花粉症を引き起

こす花粉から作られたレメディを摂るのです。

 

*たまねぎから作られたレメディ

 

たまねぎを切っていると涙が出たり、鼻水が出たりしますね!?

 

これは花粉症の症状と似ていますよね!?

 

レメディはその症状と似た症状の特徴を持つものを選んでいきます。

 

このように、今のあなたの症状と似た症状の特徴を持つレメディを

摂ることで改善していくというものなのです。

 

とてもシンプルですよね!

 

症状が出始めたな〜と思われる頃から使うと酷くならずに過ごせる

ことと思います。

 

使い方の詳しい説明は、次回のメルマガでご紹介しますので、この

機会にホメオパシーをお試しになられるといいですよ!

 

早め早めの対策が大事ですね!

 

また、1月22日には「ロハスなハーブで若返り♪」講座があり、

あなただけののオーダーメイドのレメディとハーブのプレゼント

(通常1万5千円程度)もあります。

 

あなた自身に必要なハーブやレメディを手に入れることのできる

素敵な機会になることと思います。

 

詳細はメルマガにてご案内しています。

 

無料メルマガのご登録はこちらから

 

東京スクールオブホメオパシー代表

(株)スタンダードホメオパシー代表取締役 黒澤今日子

東京都新宿区天神町64神楽坂アトリエ64 2F(地下鉄東西線神楽坂駅矢来町出口より徒歩4分)

℡ 03-5227-8305

東京スクールオブホメオパシー

薬や病院に頼らない健康法

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

 - ホメオパシーセルフケア