片付けられない女のレメディ

   

ナチュロパシーコース

秋期開講日:2017年10月28日(土)

ナチュロパシーコースは、子どもや家族の健康を一生に渡って守っていかれる

「ナチュロパス(自然療法家)」になることを目的としています。

さらには、プロフェッショナルとして、同じ想いを持つママたちのチカラになりたい、そんな想いを実現するために、幅広い知識と高い技術を習得することを目的としています。

今すぐ詳細を見る

*******************************

 
 

「片付けられない女」という文字やことばを目にしますが、

 

「片付けられない男」という文字はあまり目にしません。。。

 

どうして?

 

片付けられない男もいるのに。。。などと思いながら、片付け

られない心理をレメディで考えてみました!

 

こんばんは、東京スクールオブホメオパシー代表の黒澤今日子です。

 

東京新宿区神楽坂でホメオパシーの学校を運営しています。

 

神楽坂の明るい街にあるアットフォームな学校です!

 

あなたの部屋は片付いています?

 

 

あなたの部屋は片付いていますか?

 

 

私自身は逆に「片付け魔」に分類されるかもしれません。

 

片付けが好きなのです。。。というよりも、片付いていないと落ち

着かないタチなのです。

 

でも、「片付け魔」は「片付け魔」の悩みもあります。

 

「どこに片付けたかわからなくなる。。。」という(汗)、

 

それぞれだなと思うのですが、

 

もし片付けられなくて、自分自身が不自由さを感じたり、生きづら

さを感じているのなら、片付けられないその根本的な問題がどこか

に潜んでいるのだと思います。

 

 

掃除や片付けをしようと思っても、ついつい後回し、片付けても

すぐに散らかる、だから片付ける気も起こらない、悪循環ですね!?

 

時々、「うちの娘は部屋を片付けなくて困っています」なんていう

お母様からの愚痴を聞きます。

 

それから決まって続く言葉が、「キレイ好きになるレメディってあり

ませんか?」です。。。(笑)

 

本人がそれをなんとかしようと思わない限り、単なる周囲の希望だけ

では解決は難しいのですが、

 

「片付けられない自分。。」に自信を無くしたり、自分を好きになれ

ないなどの気持ちがあるのなら、

 

「片付けられる女」になるチャンスがあります!

 

なぜなら、すでに気づいているからです、「自分の問題」に!

 

今回はいくつか、「片付けられないレメディ」をご紹介してみます。

 

自分は何かが足りないと思い込むレメディ

 

こんな方がいらっしゃいました。

 

幼い頃から貧しい家庭で過ごし、着る物も、食べる物にも不自由

な暮らしだったそうです。

 

毎日同じ服を着て学校に行き、夕食はカップラーメンを姉妹でわけ

あって夕食とし、給食が唯一の栄養源だったそうです。

 

両親とも家にいることがあまりなく、その貧しさゆえ、友人も出来

なくて、いつも姉妹で過ごしていたそうです。

 

それでも短大まで出て、大手の会社に就職し、結婚もしました。

 

結婚相手は裕福で、夫にも子供にも恵まれて幸せな暮らしをしている

のですが、彼女の中には「欠けている」感覚が巣食っているのです。

 

何一つ不自由のない生活の中で、ネットショッピングを繰り返し、

4人もお子さんがいてもまだ足りないと感じ、食事は食べきれない

ほど作ってしまいます。

 

彼女の心の中の景色は、いつも「足りない」「欠けている」「十分

でない」「自分を好きになれない」「愛が足りない」「未来がない」

 

ない、ない、ない、ばかりなのです。

 

そのために、あらゆるものを求め、手に入れるのですが、それでも

満足ができず、

 

家の中は集めたもので、埋もれるように暮らしていました。

 

ところが、このレメディを取った後の彼女は、自信に満ちて、みんな

に感謝をして、今を充実して生きられるようになったのです。

 

自分は醜いと思い込んでいるレメディ

 

 

心の奥深いところに、「ありのままの自分では愛されない」と思い

込んでいるレメディがあります。

 

こんな自分はきっと好かれないし、愛されないから、愛されるため

に、好かれるために人一倍努力をします。

 

その努力とは、人の真似をすることでした。

 

愛されるためには、世の中で人気のある人、好かれている人、評価

されている人たちの真似をすることでした。

 

着る物から、身に付ける物、読む本、付き合う人、全てを真似

して、人から愛されるようにするのです。

 

その努力といったら凄まじいものがあります。

 

世間で好まれている服、バッグ、化粧、本、雑誌、情報など、とに

かくあらゆるものを集め手に入れます。

 

その結果は、ものに溢れ、捨てられない、整理できない、片付かな

い結果となり、

 

しまいには、本当の自分がわからなくなってしまうという心の状態

に陥ってしまうのです。。。

 

これが常緑の木から作られているそのレメディの持つ特徴です。

 

このレメディにより、自分を取り戻し、ありのままの自分を受け入れ

ることが出来るようになるのです。

 

好きなことしか興味がないレメディ

 

 

硫黄から作られているレメディがあります。

 

有名なレメディで、男性に多いとも言われますが、いえいえ、女性

にもいます。

 

このレメディの特徴は、とにかく自分の興味のあることしか関心を

示すことがなく、それ以外のことには無頓着なのです。

 

部屋が散らかっていても、汚れていても、服にシミがついていても

関心がありません。

 

それより、好きなこと、興味のあることに夢中です。

 

好きなことにはものすごい情熱を傾け、集中力と探究心で深めて

行きます。

 

硫黄ですから、マグマのような情熱を傾けていくんですね!?

 

そんなタイプは、また収集癖があります。

 

世間では注目されないような物を集めたり、価値がないと思われる

ようなものに価値を見出したり、そんなものを集めたがります。

 

独特の価値観を持っているのです。

 

その上、片付けることには関心がないので、部屋の中は乱雑です。

 

こんなタイプの人が、このレメディを摂ることで、怠惰な面が影を

ひそめ、収集にも歯止めが効くようになります。

 

人それぞれ、片付けられない理由が違います。

 

なので、同じようなアドバイスはあまり効果を発揮できないことも

あるのです。

 

「片付けられない」根本の問題にアプロートすることで、自分を

不自由にしている心に変化が見られるようになります。

 

まだまだレメディはありますが、あなたの中で何か心当たりはあり

ましたか?

 

東京スクールオブホメオパシー代表

(株)スタンダードホメオパシー代表取締役 黒澤今日子

東京都新宿区天神町64神楽坂アトリエ64 2F(地下鉄東西線神楽坂駅矢来町出口より徒歩4分)

℡ 03-5227-8305

東京スクールオブホメオパシー

薬や病院に頼らない健康法

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

 - ホメオパシーとこころ, ホメオパシーとレメディ