ユニークな母乳のレメディたち

      2017/08/11

ナチュロパシーコース

秋期開講日:2017年10月28日(土)

ナチュロパシーコースは、子どもや家族の健康を一生に渡って守っていかれる

「ナチュロパス(自然療法家)」になることを目的としています。

さらには、プロフェッショナルとして、同じ想いを持つママたちのチカラになりたい、そんな想いを実現するために、幅広い知識と高い技術を習得することを目的としています。

今すぐ詳細を見る

*******************************

 
 

人にとっての最大の興味は、「自分」ではないでしょうか?

 

「いやいや、私は彼のことが一番知りたい」という方、「子どものことがもっと知りたい」という方ももちろんいますよね〜!

 

でも、「彼を好きな私」、「子どもを愛している私」がどんな私か知りたいと思いませんか?

 

ホメオパシーの学校はそんなことを学ぶ学校でもあるのです。

 

こんばんは、病院や薬に頼らない暮らし方、健康法をお伝えしている、東京スクールオブホメオパシー代表黒澤今日子です。

 

東京都新宿区神楽坂で、ホメオパシーの学校を運営しています。

 

問題の根本に潜む親子の関係

 

ホメオパシーのセッションにお越しになるご相談者の問題は、身体的なものから精神的なものまでさまざまですが、ご相談をお聞きしていると、その問題の根源が、遡ること親子関係にあるということはしばしばです。

 

ホメオパシーでは、ご相談者のお話をさまざまな角度からお聞きしていき、その方の問題の解決の助けになるレメディを探していくのですが、

 

その方のお悩みが「胃腸の問題」であっても、「頭痛」であっても、大元の問題が親子関係から来ていることがしばしば見受けられるのです。

 

なぜなら、病気はその方の人生の結果であり、その方自身が産み出してしまった結果であると考えられるからです。

 

もちろんご相談者によっては、頭痛と親との関係が結びつかない方もいらっしゃいますし、

 

自分が病気を作ってしまったなどということは、到底受け入れられないと思われる方もいらっしゃいます。

 

逆に、セッションを続ける中で、ご自身の本当の問題に気がつかれることもあります。

 

何れにしてもこれによって、ホメオパシーは対処療法ではないので、常に問題の根本からの改善を目指していくものなのです。

 

ユニークな母乳のレメディたち

 

ホメオパシーのレメディには、植物や鉱物、動物由来の物が多くあります。動物由来のレメディは植物や鉱物に比べるとそこまで多くはありませんが、蛇や蜘蛛、鳥など興味深い物がたくさんあります。

 

その中でも哺乳動物のミルクから作られているレメディは、それぞれがユニークで共通点があります。

 

例えば、馬や山羊、牛、羊、ライオン、アフリカ象、オオカミ、犬、猫、イルカ、はたまた人の乳から取られたミルクもレメディとなっています。

 

そして、これらのミルクのレメディには共通するテーマというものがあります。

 

*母親との離別やパートナーとの離別などといった「人間関係と離別」

*見捨てられたという強い思いからの「情緒不安定」

*恋人や伴侶、友人に対するあまりの思いの強さから、彼らに「失望させられる」

*身近な大人からの「虐待」

 

など、ミルクのレメディに共通している大きな特徴は「失望」なのです。

 

そしてそれらは、哺乳動物にとっての「乳」の意味を考えると納得がいくものばかりです。

 

母乳は、子どもにとっては唯一の栄養源であり、母親やこの世から安心や安全、愛を受け取ることができるなど、必要かつ大きなギフトです。

 

もう一方、特に哺乳動物の場合、自然環境から引き離されて、人間の社会に適応させられるために、飼いならさるという扱いを受けます。これも母乳の別の一面と捉えます。

 

更にはミルクのレメディには、動物の持つサバイバルをして生き抜く力というものも備わっています。

 

そのために常に闘う相手や対象物が存在します。勝ち負けにこだわったり、上下関係に敏感だったりするのも動物のレメディの特徴です。

 

シュタイナーは哺乳動物についてこう述べています。

 

人間は自らの堕罪を放棄して進化発展してきたが、その人間の罪の重荷を負うものとして哺乳動物は存在し ているのであると言うのです。

 

つまり哺乳動物とは、私たち人間が再び同じ罪を犯さないための存在であると。

 

そうであれば、人間の本質が哺乳動物のミルクに 見られることも納得ができます。

 

レメディとは本当に深くて面白いものです!

 

ライオンのミルクを処方された娘

 

以前私の娘は英国人のホメオパスにライオンのミルクのレメディを処方して頂いたことがありました。

 

当時の娘は喘息に悩まされていましたので、それまでにも他のホメオパスから様々なレメディを処方されていました。

 

娘は高校時代のバスケットボール部のライバルとの喧嘩の夢をよく見ていました。

 

またバスケットボール部では不当な待遇を受けていたと思っており、権力(娘にとっては学校や教師)に対して挑戦的でした。

 

ライオンのミルクのレメディのテーマには、「怒り」があり、それは傷つけられた自尊心や悲しみ、他人による不当な糾弾などによるものからの怒りです。

 

また、権力者との間に不和や問題が多いこともテーマにあります。

 

ライオンのミルクのレメディを通して娘を見てみると納得のいくことばかりでした。

 

レメディとは実に面白いと思ったものです。そして娘の喘息も回復に向かいました。

 

あなたもご自分の本質的なレメディを知りたいと思いませんか?

 

そのレメディは、あなたの問題を解決し、あなたをもっと自由に解放してくれるギフトとなるでしょう!

 

無料メルマガのご登録はこちらから

東京スクールオブホメオパシー代表

(株)スタンダードホメオパシー代表取締役 黒澤今日子

東京都新宿区天神町64神楽坂アトリエ64 2F(地下鉄東西線神楽坂駅矢来町出口より徒歩4分)

℡ 03-5227-8305

東京スクールオブホメオパシー

薬や病院に頼らない健康法

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

 - ホメオパシーとレメディ