百聞は一見に如かず。。。ビックリ体験

   

ナチュロパシーコース

秋期開講日:2017年10月28日(土)

ナチュロパシーコースは、子どもや家族の健康を一生に渡って守っていかれる

「ナチュロパス(自然療法家)」になることを目的としています。

さらには、プロフェッショナルとして、同じ想いを持つママたちのチカラになりたい、そんな想いを実現するために、幅広い知識と高い技術を習得することを目的としています。

今すぐ詳細を見る

*******************************

 
 

「びっくり!」することってよくありますが、予想していないから「びっくり」するわけです

が、記憶に残る程の「びっくり」はそうないかもしれません。

 

かれこれホメオパシーの世界に入って18年〜20年近い月日がたつかなと、振り返ってみると

 

クライアントさんばかりでなく、自分自身にもいろいろとビックリするようなホメオパシーの体

験があるものです。

 

こんばんは、東京スクールオブホメオパシー代表の黒澤今日子です。

 

東京新宿区神楽坂でホメオパシーの学校を運営しています。

 

二日酔い。。。

 

ここで言う「体験」とは、もちろんホメオパシーの「効果」という意味です。

 

自分自身が体験した「効果」の中でも、いくつもビックリするような体験がありますが、ひとつ

は、二日酔いのときの体験です~!

 

15年近く昔の話になりますが、ホメオパシーの仕事を始めた頃のことでした。

 

ホメオパシーのセッションや講義、はたまた事務仕事までと、たくさんの仕事を抱えていた頃の

話です。

 

どの仕事も私にとっては初めての慣れない仕事ばかりで、緊張と終わりのない仕事量とで、肩や

背中のコリと痛みで、ムカムカして気分の悪い毎日でした。

 

もちろん、職業柄目の前にはたくさんのレメディがあるのですが、自分のためにレメディを摂る

余裕もなく、そんな自分の状態をほったらかしにしていました。

 

そんなある日、友人に誘われて居酒屋に行きました。

 

今でこそほとんどお酒は飲まなくなりましたが、もともとお酒は嫌いな方ではなく、というか、

むしろ好きな方で、

 

次の日には1日中講義をする予定があるにもかかわらず、お酒の誘惑にすっかり負けてしまいま

した。

 

なんともホメオパスらしからぬ姿です(笑)

 

帰宅した頃には、それまでの疲労も重なって、頭は痛く、気分も悪く、明日の講義が出来るであ

ろうか。。。とさすがに心配になり、

 

一般的な「二日酔いのためのレメディ」を1粒摂りました。

 

次の日、眼が覚めると、なんとビックリするくらいに二日酔いの症状はまったくなく、それどこ

ろか、昨日まで辛かった肩や背中のコリも痛みもまったくなく、肩の高さが一段低くなったかの

ような軽さです。

 

さらには、頭の上を突き抜けるような爽快感と視野の明るさ、活力がみなぎってくるような爽や

かさに、もうビックリしました!

 

その瞬間は、レメディを摂ったことなどすっかり忘れていたのですが。。。

 

実はそれまでにも二日酔いの時にその同じレメディを摂ったことはあったのですが、効いた感触

をえられなかったので、昨晩もあまり期待はしていなかったのです。。。

 

ところが、その日の朝は、味わったことがないくらいの爽快感でした。

 

レメディに学ぶ

 

その時に、それまでにも何度か二日酔いでそのレメディを摂ったことがあったのに、まったく効

果を感じられなかったレメディが、なぜ今回はこんなに効いたのか。。。と考えました。

 

そうすると、昨日までの自分の状態がまさに、そのレメディの持つ特徴そのものだったことに気

がついたのです。

 

仕事に熱中し、常に仕事のことばかり考え、自分の許容量を超えてまで仕事をする。

 

疲れた体に鞭を打つかのようにコーヒーや刺激物を取り、自分で定めた目標を達成しようとす

る、まさにそのレメディの特徴と私の状態がそっくりだったのです。

 

これこそ、「似たものが似たものを治す」です。

 

ホメオパシーでいう似たものとは、似た症状のことで、ホメオパシーでは、その行動や嗜好など

も症状と捉えるのです。

 

これは、私にとって自分を振り返る良い機会となりました。

 

それ以降は、このレメディの効果を感じることはありませんでしたが、あの時の私の状態は、ま

さにそのレメディのエネルギーとぴったり合ったのです!

 

そして有難いことに、こんな風に自分自身を振り返る機会を得られる、そんな「副産物」もレメ

ディの効果にはあるのですね〜!

 

夫のこむら返り

 

スポーツをしている時や、立ちっぱなしで仕事をしている時、あるいは睡眠中に、突然、足のふ

くらはぎがつって、凄い痛みに襲われたことたことってありませんか?

 

いわゆる「こむら返り」といわれる症状ですね!

 

こむら返りは一度起こるとクセになるとも言われていて、悩まされている人も多いのでは。。。

 

私の夫もそのひとりで、時々悩まされています。とても痛いようです(私には経験がないのでわ

からないのですが。。。汗)

 

通常筋肉はいろいろな動きに合わせて伸びたり縮んだりするのですが、時に筋肉に大きな負担が

かかると、柔軟な対応ができなくなってこむら返りが起こりやすくなります。

 

特にスポーツ中に起こることが多いようですね。

 

スポーツをしている時は熱中症や脱水症状の予防に水分補給を心がけますが、水分だけを補給し

ても塩分が不足すると、体内のナトリウムとカリウムのバランスが崩れるため、塩分の補給もか

かせないことは知られていますね。

 

筋肉にも負荷がかかったり、大量に汗をかいてナトリウムとカリウムのバランスが崩れるとこむ

ら返りが起こりやすくなります。

 

もしこむら返りが起こったら、あなたはどうしていますか?

 

治るまで、じっと固まったままで我慢していますか?

 

私の夫は、すぐにアコナイトというレメディを摂ります。すると毎回数分でみごとに回復しま

す。

 

夫いわく、「ホメオパシーのメカニズムはよくわからないけど、こむら返りには一発で効く!」

と。

 

他にもこむら返りに良いレメディがありますが、夫にはアコナイトというレメディが一番効きま

す。

 

百聞は一見に如かずですね!

 

東京スクールオブホメオパシー代表

(株)スタンダードホメオパシー代表取締役 黒澤今日子

東京都新宿区天神町64神楽坂アトリエ64 2F(地下鉄東西線神楽坂駅矢来町出口より徒歩4分)

℡ 03-5227-8305

東京スクールオブホメオパシー

薬や病院に頼らない健康法

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

 - ホメオパシーとレメディ, 未分類