月と女性のこころとからだーLunaー

      2017/08/11

ナチュロパシーコース

春期開講日:2018年4月22日(日)

開校10年を記念して入学金が免除!

ナチュロパシーコースは、子どもや家族の健康を一生に渡って守っていかれる

「ナチュロパス(自然療法家)」になることを目的としています。

さらには、プロフェッショナルとして、同じ想いを持つママたちのチカラになりたい、そんな想いを実現するために、幅広い知識と高い技術を習得することを目的としています。

今すぐ詳細を見る

*******************************

 

9月になると「中秋の名月」がやってきます!

 

今年の中秋の名月は9月15日だそうですから、来週のちょうど今日になります。

 

十五夜のその姿は見られるでしょうかね。。。?

 

ところで、「女性のこころとからだ」が、月に影響を受けやすいことを知っていましたか?

 

女性のこころとからだと月の影響

 

女性は、毎月の月経が月齢と同じく28〜29周期のために、月が女性の体調や精神面に影響を与え

ると言われています。

 

上弦の月、満月、下弦の月、新月という月のサイクルの中に、何か隠されているのでしょうか?

 

実際、月の影響力は非常に高く、よく知られている大きな力としては海の潮の満ち引きですね。

 

満潮になったり引き潮になったりするあの動きは、月の引力によって引き起こされます。

 

さらに、大地震が来る日も満月や新月の直近ということもデータで明らかになっていると言いま

すよね。。。(怖)

 

特に月が太陽の裏側に来る新月と、太陽が反対側にいる満月の日はその引力が強くなり、潮が満

ちたり引いたりする力も大きくなるそうです。

 

出産は新月と満月に多い?

 

潮の満ち引きと同じくらいによく知られているのが、満月の日に赤ちゃんが産まれやすいという

ものです。

 

産婦人科では、満月の夜は忙しくなると聞いたことがあります。

 

海外では月齢カレンダーを配る病院もあるようですよ。

 

それを信じる信じないはそれぞれですが、

 

人体の60〜65%、赤ちゃんに至っては75%が水でできていますから、

 

月の引力の影響を受け、潮の満ち引きのように陣痛が起こり、出産しやすくなるというのはあり

得る話だと思います。

 

満月は妊活中の女性の味方に

 

満月は、人に元気になるパワーを与え、からだにとっては栄養素や水分、毒素やアルコールなど

の全てが吸収しやすくなる時期であるといいます。

 

また、満月の日は排卵しやすいとも言われています。

 

生理不順で排卵日が確定しない人は、満月や、自分の産まれた日の月齢を調べてみると良いよう

ですよ。

 

たまたま排卵日前後と吸収しやすい満月が重なれば、妊娠しやすい日になるでしょうから、妊活

中の方にも満月は味方になるでしょうね〜

 

満月の日は、こころもからだも活発になりすぎる

 

満月の日は犯罪率や自殺率が上がるとも言われていますね。

 

ホルモンバランスに影響が出るために、自律神経に作用し、イライラやヒステリーを引き起こし

やすくなるようです。

 

また、精神的な面だけでなくからだも活発化し、パワーには溢れているのですが出血しやすい日

とも言われています。

 

この日に月経などが重なると経血の量も増えてしまったり生理痛が酷い場合もあるようですし、

貧血にも注意をしておくと良いかもしれません。

 

新月は逆に放出しやすい日

 

満月の逆である新月の日は、吸収しまくる満月と比べ逆の事が起こります。

 

毒素などを吐き出す力が強くなるデトックスの日となるのです。

 

デトックス効果のあることや半身浴と言った事を行うと良いようですよ。

 

満月に限らず、新月も活性化される部分があるので、

 

新月には、自分の事を見つめ直したり、新しい事にチャレンジしてみたりすることに向いている

と言います。

 

下弦の月、上弦の月の場合

 

・満月にかけて満ちて行く時の半月が上弦の月

・新月にかけて欠けて行く時の半月が下弦の月

 

満月に向かっている時は、段々と吸収率が高まって行くので、食事や美容に良いものを取り入れ

るようにこころがけると良いようです。

 

からだは活発になるので、トレーニングや筋トレなどすると良いと言われます。

 

逆に、PMSや更年期障害と言った症状も活発化する時期になります。

 

「今月は生理痛が酷いな」とか、「ホットフラッシュがきついな」と感じられる場合、上弦の月

から満月にかけていることが多いのです。

 

また、月が満たされて行くと同時に、精神面も一番落ち着いてきます。

 

落ち着きすぎてうっかり事故や、うっかりミスには気をつけましょう。

 

逆に新月に向かって欠けて行く時期はデトックス時期になります。

 

ダイエットをすれば効果は現れやすいと言います。

 

人間関係においても、腐れ縁や、嫌な相手との別れにも良い時期とか。。。(汗)

 

精神が落ち着き、クリアな時期なので、別れの悲しみが最小限で済むと言います。

 

また、アイデアを練ったり新しい事を始める計画を立てやすい時期にもなります。

 

新月に向けて少しずつ準備して行くと良いようですよ。

 

ホメオパシーのレメディLuna

 

ホメオパシーのレメディには、「月の光」から作られたLunaというレメディがあります。

 

どうやって作るのかしら。。。と思いますよね!?

 

珍しいレメディですが、やはり男性より女性に使われるレメディです。

 

人とのコミュニケーションに問題を持ちやすく、特に我が子にいらつき、我が子を叱った後には

さめざめと後悔の涙が。。。

 

寝ても寝ても熟睡感がなく、目覚めが悪い、夢遊病の症状もあります。

 

PMSや月経困難の症状もあります。

 

そして、満月の日が来るとイライラしたり、落ち込んだり、興奮したりと、満月にとても影響

を受けやすいのです。

 

あなたは、「月」をよく見ますか?

 

「月」が好きですか?

 

「月」を見るとどんな気持ちになりますか?

 

人によっては、「月」の影響をとても受ける人がいるのです。

 

そんな人のレメディのひとつにLunaがあります。

 

自分が何に感受性が強いかを知ることは、自分を知ることに繋がります。

 

あなたの感受性はどこにあるのでしょうか。。。?

 

そんなことを知るのも興味深いですね!?

 

無料メルマガのご登録はこちらから

東京スクールオブホメオパシー代表

(株)スタンダードホメオパシー代表取締役 黒澤今日子

東京都新宿区天神町64神楽坂アトリエ64 2F(地下鉄東西線神楽坂駅矢来町出口より徒歩4分)

℡ 03-5227-8305

東京スクールオブホメオパシー

薬や病院に頼らない健康法

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

 - ホメオパシーとレメディ, ホメオパシーと女性, 未分類