落ち着きのないわが子が、ホメオパシーでこんなに変った!

      2017/08/11

ナチュロパシーコース

秋期開講日:2017年10月28日(土)

開校10年を記念して入学金が免除!

ナチュロパシーコースは、子どもや家族の健康を一生に渡って守っていかれる

「ナチュロパス(自然療法家)」になることを目的としています。

さらには、プロフェッショナルとして、同じ想いを持つママたちのチカラになりたい、そんな想いを実現するために、幅広い知識と高い技術を習得することを目的としています。

今すぐ詳細を見る

*******************************

 

「うちのこどもは、落ち着きがなくて困る。。」と嘆く、そんなおかあさまの声を聞くことがよくあります。

 

これは、そんな息子さんとおかあさまのふたりの成長と努力のお話です。

 

こんばんは、東京スクールオブホメオパシー代表の黒澤今日子です。

 

東京新宿区神楽坂でホメオパシーの学校を運営しています。

 

おかあさまの悩み、一本のお電話から

 

数年前のお話です。

 

ある日、小学校5年生の息子さんを持つおかあさまから、ご相談のお電話を頂きました。

 

「小学校5年生のひとり息子のことで心配しています。とにかく落ち着きがなく、そのために学力もあがりません。中学受験を控えて心配していたところ、知人からホメオパシーのことを聞いて、落ち着きのない息子が落ち着くようになるものなのかお聞きしたかったのです。。。」

 

要約するとこういうご相談でした。

 

「うちのこどもは、本当に落ち着きがなくて困っています」という話はよく耳にします。

 

ただ実際に、本当に問題となるほどの「落ち着きのなさ」なのかどうかは、こどもによって違います。

 

それが、こどもに良く見られる程度のごく普通の姿かもしれませんし、あるいはこどもの成長を妨げてしまうほどのものなのかもしれません。

 

ご両親にとっては、当然わが子に期待があるので、本当に落ち着きがないというより、「もっと落ち着いて欲しい」という願望が、「うちのこどもは落ち着きがない」と見えてしまうこともあります。

 

それが、本来のこどもらしい姿であっても、親御さんご自身のわが子に対する願望から、マイナスに見えてしまうことがあるのです。

 

そういうことも考えられるために、まずは息子さんとご一緒にお越し頂くことにしました。

 

実際にお会いして、息子さん自身に、おかあさまが悩まれるような「落ち着きのない」様子があるか見せて頂き、それによってセッションの必要性を判断をさせていただこうと思ったのです。

 

息子さんの問題

 

お会いすると、小太りの大きな男の子でした。

 

最初は、おかあさまからお話をお聞きし、その後男の子からお話をお聞きすることにしました。

 

男の子も小学校5年生なので、お二人同席の上で双方からお話をお聞きすることは、双方ともに率直なところを言えないこともあるかと思い、おかあさまと息子さん同席でお話をお聞きすることはしませんでした。

 

男の子も、それを希望しました。

 

まずは、おかあさまがご心配されるような落ち着きのない様子が見られるのかを観察しました。

 

すると、やはり、小学校5年生にしては落ち着きのない様子があちこちに見られます。

 

まずは、じっとソファーに座っていられません。

 

お話は積極的にしてくれます、それ以上に自分のことを話すことが好きな様子でした。

 

ところが、話しながらもソファーの座る位置を頻繁に変えたり、ソファーの上に正座をしてみたかと思うと、次の瞬間クッションで遊んでみたり、後ろのブラインドをガシャガシャいじったりと、明らかに年齢にしては落ち着きのなさが見られました。

 

結局、そのままセッションに進みました。

 

おかあさまのお話から

 

学校でもうちでも落ち着きがありません。学校では、授業中に頻繁に後ろを向いたり、後ろの席の子にちょっかいを出したりしているようです。

 

勉強にも身が入っていません。

 

あの子のノートを見ても、何が書いているのかわからなにようなノートなのです。字は汚く、乱雑で、本当に何が書いてあるのかわからないのです。

 

先生からも落ち着きがないこと、勉強に身が入っていないことを指摘されます。

 

家でも、じっとしていることが苦手のようで、数十分も椅子に座っていることができません。

 

中学受験を目指しているので、こんな様子で心配です。

 

もうひとつ心配なことがあります。

 

だんだん太って来ていることです。

 

水泳を止めさせたりしたこともあるのかもしれませんし、夕飯がどうしても遅くなってしまうし。。。唐揚げやトンカツが好きなので。。

 

お話をお伺いすると、ご両親ともに高学歴で、ひとり息子、祖父母にとっても初孫で、ご家族の期待の大きさが伝わって来ます。

 

男の子のお話です。

 

週5日は、学校が終わると塾に行っている。塾のない曜日は、家庭教師が家に来る。

 

以前は、数に一度スイミングにも行ってたけれど、塾のために止めた。

 

家に帰るのはいつも9時ころ。

 

お腹が空きすぎて夕飯をガバガバ食べ過ぎてしまう。

 

先生(ホメオパスの私のこと)、もっと長い時間おかあさんと話していて欲しかった。

 

そうすれば、ボク少し漫画を読んだりして休んでいられたのに。。。

 

毎日、塾と家庭教師で、友達と遊ぶ時間がない。。。

 

なんとも、男の子の疲れている様子が伝わりました。。。

 

おかあさんの努力

 

お二人のお話をお聞きした後に、ホメオパスの私からおかあさまにお願いをしました。

 

息子さんは疲れています。スケジュールを少し緩めてほしい

お友達と遊ぶ時間を少しでも取ってあげてほしい

食事のことを考えて(油物ばかりでなく身体に良い食事、身体に負担のかからない食事など)

 

おかあさまが心配する肥満の原因も、こういった生活にあると思われたので、

 

おかあさまにも息子さんのためにご協力をお願いしました。

 

実は、こどものセッションには、一番身近にいるおかあさまの理解と協力が必須なのです。

 

このケースに関しても、たとえ良いレメディが見つかっても、それまでのスケジュールや生活では、こどもといえども心身共に疲弊してしまい、レメディそのものの効果も十分に発揮出来ません。

 

ホメオパスの私に対して「おかあさんともっと長い時間話して欲しかった」という男の子のことばから、勉強に疲れている様子がわかります。

 

おかあさんと私が話をしている時間は、ゆっくりと漫画を読んだり、寝転んだりしていられたのですね。。。

 

ホメオパシーレメディとおかあさまの努力で、息子さんに大きな変化が!

 

おかあさまは、息子さんのためにとても努力して下さいました。

 

試行錯誤の中で、息子さんに遊ぶ時間を作ってあげたり、食事の時間や内容に工夫をされたりと

 

そういったおかあさまの努力とホメオパシーのレメディによって、息子さんに劇的な変化が起こりました。

 

変化のいくつかをご紹介します。

 

1、学校の授業に集中出来るようになってきた(担任の先生の感想)

2、ノートを見ると、丁寧に書かれている様子がわかり、以前の様に、何が書かれているのかわ  からないようなことがなくなる。勉強に集中出来ている様に思える(おかあさんの感想)

3、それまではキッチンテーブルで勉強をしていたのが、自室で自発的に勉強するようになる

4、おじいさま、おばあさまにも、お孫さんの落ち着いたきた様子が目に見えるようにわかる

5、勉強に集中できるようになったことから成績が上がった

 

男の子に最適なレメディが見つかったこと、おかあさまの愛情が、この男の子に大きな変化をもたらし、その成長を助けることができたと思っています。

 

ホメオパスとして長年さまざまな患者さんを診せて頂いていますが、こどもの変化はとてもわかりやすく驚きに満ちています!

 

夏休み真っ最中の今、普段よりもおこさんと一緒に過ごす時間が多くなります。

 

わが子の知らない一面が見えたり、成長を感じたりすることもあるでしょうし、心配なこともより見えて来たりもするかもしれません。

 

おこさんのことで気になることや、心配なことがあるときには、おかあさまひとりで抱え込まずにご相談下さい。

 

このケースも、おかあさまからの一本のお電話から始まりました。

 

おこさんのこと、一緒に考えて行きましょう!

 

無料メルマガのご登録はこちらから

東京スクールオブホメオパシー代表

(株)スタンダードホメオパシー代表取締役 黒澤今日子

東京都新宿区天神町64神楽坂アトリエ64 2F(地下鉄東西線神楽坂駅矢来町出口より徒歩4分)

℡ 03-5227-8305

東京スクールオブホメオパシー

薬や病院に頼らない健康法

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

 - ホメオパシーとこども